works / cv / memo / contact

 

こころ / 2015

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8


アキタヒデキ写真展 「こころ」

contact_photo

 

技術的に上手い写真なら、世の中にはいくらでもある。
最先端の思想を巧みに表現したコンセプチュアルな写真作品もたくさんある。
でも、見ていて泣きたくなる写真はそうそうない。
アキタヒデキの写真は、泣きたくなる写真だ。
喜びとか悲しみとか絶望とか興奮とか、
いろいろな感情がストレートに伝わってくる写真だ。
撮影したアキタヒデキ自身の感情と、鑑賞者の感情が、ぴったりと同期する。
そんな瞬間がある写真だ。
あの特徴的なざらついた色感は、
はっきりと思い出せない懐かしい記憶を反芻しているような気分にさせてくれる。
アキタヒデキは大上段から物を語らない。背伸びをしない。けれど自己卑下もしない。
ありふれた人間的な感情を、そのままにぶつけてくる。
だからこんなにも抒情的な写真が撮れる。
こうしているうちにもまた目頭が熱くなってくる。
アキタヒデキはきっと、写真で語る詩人なのだ。

山田航

 

In this day and age there is no shortage of photographs that are technically perfect.
You will also find a great deal of conceptual photographic works, skilfully expressing the most avant-garde ideas.
But, there are not so many pictures that make you want to cry just by looking at them.
Akitahideki ’s photographs are of that last category.
They are pictures that straightforwardly convey a multitude of emotions like sadness, hope, excitement.
They create those rare instants, when the feelings of the photographer, Akitahideki, match perfectly the feelings of the viewer.
With their distinctive grainy colours, they put us in a reflective mood, wandering around memories that we cannot fully recollect.
Akitahideki does not speak from a pedestal. He does not try to rise above others. However he is also a stranger to self-contempt.
He confronts us with plain and common human emotions, which is why his pictures are so lyrical, and uplifting.
Akitahideki, surely, is a poet speaking with a camera.

Yamada Wataru

 

 

 

next >