news / works / cv / memo / contact

1 /

 

【2015.10.14】

TOBIU CAMP 2015、PHOTO GALLERY公開されました。

http://tobiucamp.com/tobiu2015/photogallery/

 

 

^ news top


 

 

 

【2015.04.05】

contact_photo

アキタヒデキ写真展

「せかい」 at. FAbULOUS

「こころ」 at. TO OV cafe

2会場同時開催

_

技術的に上手い写真なら、世の中にはいくらでもある。
最先端の思想を巧みに表現したコンセプチュアルな写真作品もたくさんある。
でも、見ていて泣きたくなる写真はそうそうない。
アキタヒデキの写真は、泣きたくなる写真だ。
喜びとか悲しみとか絶望とか興奮とか、
いろいろな感情がストレートに伝わってくる写真だ。
撮影したアキタヒデキ自身の感情と、鑑賞者の感情が、ぴったりと同期する。
そんな瞬間がある写真だ。
あの特徴的なざらついた色感は、
はっきりと思い出せない懐かしい記憶を反芻しているような気分にさせてくれる。
アキタヒデキは大上段から物を語らない。背伸びをしない。けれど自己卑下もしない。
ありふれた人間的な感情を、そのままにぶつけてくる。
だからこんなにも抒情的な写真が撮れる。
こうしているうちにもまた目頭が熱くなってくる。
アキタヒデキはきっと、写真で語る詩人なのだ。

山田航

 

In this day and age there is no shortage of photographs that are technically perfect.
You will also find a great deal of conceptual photographic works, skilfully expressing the most avant-garde ideas.
But, there are not so many pictures that make you want to cry just by looking at them.
Akitahideki ’s photographs are of that last category.
They are pictures that straightforwardly convey a multitude of emotions like sadness, hope, excitement.
They create those rare instants, when the feelings of the photographer, Akitahideki, match perfectly the feelings of the viewer.
With their distinctive grainy colours, they put us in a reflective mood, wandering around memories that we cannot fully recollect.
Akitahideki does not speak from a pedestal. He does not try to rise above others. However he is also a stranger to self-contempt.
He confronts us with plain and common human emotions, which is why his pictures are so lyrical, and uplifting.
Akitahideki, surely, is a poet speaking with a camera.

Yamada Wataru

_

 

 

2008年に初めて個展を開いてから、プロフィールに悩むようになりました。そして、平面作家と書きます。たまにカメラマンと書くこともありますが、大体平面作家です。

私の写真作品の多くは、過剰に光を赤くしたり、着色するなど、極端なフィルターがかかった写真が多く、写真的ではありません。なぜフィルターをかけてしまうのか。自分でも分からず戸惑いながら、世界を塗りつぶし、ぼかし、歪めてしまう。そんな暴力的な事をしてしまうこのフィルターは一体何なのか。なぜ、そのまま写る世界の写真ではいけないのか。この疑問を抱えながら写真を撮り、素直に写真家とは言えず、平面作家と名乗ってきました。

写真家に必要なものとは一体何なのでしょう。「目の前のものを観察し、受け入れ、世界に寄り添う能力」ではないかと、私は考えるようになりました。世界に寄り添い共鳴する。世界との強い共振が、純度の高い写真家を生むように思えたからです。実際、現実を受け入れ、寄り添い、世界に共振して撮ることができた写真に、過剰なフィルターは必要ありませんでした。

では、このフィルターは一体何なのか。フィルターは、おおくの切実なこころでした。苦しみや悲しみ。憤り。妬み。葛藤。美しい記憶。願望。絶望。希望。自分の中の「こころ」が現実世界に溢れると、それはフィルターとなり、世界を歪めてしまっていたようです。

そう考えた時、自分という意識を境に世界はふたつある、という事に気づきました。ひとつは現実の「せかい」。もうひとつは、私のなかの世界、つまり「こころ」という世界。私の平面への定着という行為は、カメラを持ち、現実の「せかい」と「こころ」の世界をゆらゆらと漂い、それぞれに寄り添いながら、行われていたようです。とてつもなく簡単なようで奥深く、このことを意識できるようになるまでに随分時間がかかったように思います。

この二つの世界を意識し受け入れることで、初めての個展から7年が経ちましたが、ようやく、写真家と名乗る事が出来ると思いました。

4月11日から、世界に寄り添った写真展、「せかい」を、ファビュラスで開催します。

そして、もうひとつの世界「こころ」。私は、歪めてしまった世界の写真を媒介として、共振し合える人のこころもあるように思います。あなたが生きて育んできたこころのどこかやわらかい部分と共振できたら、語り合えたら、どんなにすばらしいだろうと思いました。こころに寄り添った写真展「こころ」を、4月21日より、トオンカフェで開催します。

「せかい」と「こころ」にふれてください。あなたのこころに響くでしょうか。是非、お越しください。

 

写真家 アキタヒデキ

 

 

On my first personal exhibition in 2008, I had to decide what my profile would read.After many tergiversations I opted for “planar artist”. Sometimes I write “cameraman”, but mostly I stick with that, “planar artist”.

Most of my photographs are bathed in crude red light, colorised, relying on strong filters, and as a result are all but photographic. Why I am using filters? I don’t know myself. Through random experiments, I end up filling the world with color, blurring it, distorting it.Why not show the world as it is? I have been working with that question in mind all along, unable to call myself a photographer, thus going by the qualification of “planar artist”.

But what does make a photographer? I have come to think that it is “the ability to observe what is in front of you, to absorb it, and get in touch with the world”. Embrace the world and vibrate with it. A strong resonance with the world is what I think makes a great and pure photographer. In fact, a picture that truly absorbs reality, approaches the world and resonates with it, does not require the intervention of any filter.

So what is the purpose of those filters? I think they were for me an expression of different states of urgency. Pain and sorrow. Anger. Jealousy. Conflict. A beautiful memory. Ambition. Despair. Hope.When those feelings would become too strong and spill onto the real world, they would take the form of color filters, with which I would distort the world.

When that thought came upon me, I realised the world was divided in two parts, separated by my own conscience. One is the “real” world. The other is my inner world, my soul.

I believe my attachment to planar, flat surfaces came from my drifting between the real world and the inner world, camera in hand. It seems like a simple fact but it is really profound, and it took me quite a while to become conscious of it.

Having become aware of those two worlds, now, seven years after my first exhibition, I feel that I may call myself a photographer at last.

“Sekai” (world), an exhibition of photographs in touch with the world, will take place from April 11 in FAbULOUS’ gallery space.

Then, the other world of “Cocoro” (soul). In front of pictures of a distorted world, I hope and believe some people will feel a vibration in their own hearts. If those images could resonate with the softer part of the soul you have been growing and developing during your whole life, if they could reach to you, it would be such a wonderful thing. “Cocoro”, an exhibition of photographs in touch with the soul, will take place from April 21 in TO OV cafe.

Please go and meet the “world” and the “soul”. May they resonate in your very own heart. We are looking forward to your visit.

 

Akitahideki , photographer

 

contact_photo

「こころ」
会期|2015年4月21日《火》〜5月3日《日》
会場|TO OV cafe(ト・オン・カフェ)
場所|札幌市中央区南9条西3丁目2-1マジソンハイツ1階
公開時間|月−土 10:30〜22:00 / 日曜日 10:30〜20:00
電話|011-299-6380
※ 4月24日(金) 18時〜21時は入場が規制されます

 

contact_photo

「せかい」
FABULOUS WALL featuring Akitahideki
会期|2015年4月11日《土》〜5月3日《日》
会場|FAbULOUS(ファビュラス)
場所|札幌市中央区南1条東2丁目3-1 NKCビル1F
公開時間|11:00〜24:00
電話|011-271-0310

展示写真
コスモス / ザ・クロマニヨンズ / スライトスラッパーズ / タテタカコ / テニスコーツ / モソモソ

 

 

^ news top


footer